妊娠時の貧血

鉄欠乏性貧血の予防・改善方法

貧血と言うと、単純に血液が不足していると思っている方も多いようですが、細かく言うと、酸素を運ぶ役割をしている血液の中にある、赤血球や赤血球の中のヘモグロビンが不足するために起こるのが貧血です。

 

この赤血球を作るために必要な成分が鉄です。

 

貧血の原因はいろいろありますが、その一つに鉄分の不足ということが挙げられ、鉄分が不足して引き起こされる貧血が、鉄欠乏性貧血なのです。

 

鉄欠乏性貧血を予防したり改善するには、当たり前ですが、鉄の摂取が必要となります。

 

ただ、妊娠をしたりすると、通常の必要摂取量よりもさらにたくさん摂取しなくてはいけませんが、それでなくても、鉄分は体に吸収されにくいという性質があります。

 

食材などに含まれる鉄の量の10%ほどしか吸収されないので、例えば5gの鉄分が入っている健康食品を食べても、実際には0.5gしか吸収出来ないのです。これだけ摂取しづらい栄養素なので、血液を大量に必要とする妊婦さんなどは、特に鉄欠乏性貧血になりやすいのです。

 

そのため、鉄欠乏性貧血を予防、改善するには、吸収されやすいように改良されているサプリメントを上手に利用しましょう。

 

サプリメントは、ダイレクトに鉄分を摂取出来るので、体内への吸収率も高くなる上、葉酸を一緒に摂取すると、赤血球の合成機能が働いて、より高い効果を得ることが出来ます。

 

最近は、鉄分と葉酸が含まれているサプリメントもあるので、こういったものを選ぶと鉄欠乏性貧血をしっかり予防、改善出来ます。