妊娠時の貧血

妊娠中に摂りたい栄養素

健康な体でいるためには、バランスの良い食事を心がけ、栄養をきちんと摂取することが大切ですが、妊娠をすると、さらに食事の内容はもちろん、栄養にも気を配らなくてはいけません。

 

自分一人の体なら、多少の無理はききますが、胎児がいるとなると無理は禁物です。ですから、より多くの栄養素をしっかり摂取しなくてはいけないのです。

 

その栄養素の中でも、妊娠中に摂りたい必須の栄養素というのがあります。

 

まず挙げられるのが、葉酸というビタミンの一種の栄養素です。

 

葉酸は、タンパク質や遺伝子を作るのに欠かせない成分で、神経管閉鎖障害を予防する効果が高いことも分かっているので、必要摂取量は絶対に摂取するようにしましょう。

 

もう一つは、血液を作るのに欠かせない鉄分です。

 

妊娠をすると、通常よりもたくさんの血液を必要とするため、鉄分が不足すると貧血になり胎児に影響を与えてしまうため、鉄分もしっかり摂取してください。鉄分は、ビタミンCと一緒に摂取すると、吸収力が2倍になるので、併せてビタミンCの摂取も心がけましょう。

 

また、赤ちゃんの骨や歯を丈夫にするためには、カルシウムも欠かせません。

 

基本的に、栄養素は赤ちゃんに優先的に使われますが、それでもカルシウムが不足すると、母体の骨から溶け出してしまい、骨粗鬆症などが引き起こされます。
ですから、カルシウムも積極的に摂取するようにしましょう。

 

もし、つわりや体調不良などで、食事から栄養が摂れない場合は、これらの栄養素だけでもサプリメントを上手に利用して摂取し、不足しないようにしてください。