妊娠時の貧血

貧血以外にも葉酸を摂取する理由

妊婦さんに葉酸が必要な理由として、よく言われるのが貧血の予防や解消で、妊娠初期に葉酸が必要な理由では、神経管閉鎖障害の予防する効果が挙げられます。

 

この2つの効果が取り上げられることが多いため、葉酸は、貧血や神経管閉鎖障害のためだけに必要と思っている方も多いと思いますが、葉酸が必要とされるのは、この2つの効果だけではないのです。

 

葉酸の重要な働きの一つに、細胞の分裂をサポートするというものがあります。

 

細胞の中には核酸というものがあり、この核酸に含まれているのが、遺伝物質となるDNAです。細胞の一つ一つにDNAは含まれるものなので、細胞分裂をする時には、DNAもコピーされて新しい細胞の中に含まれますが、このDNAを作る時に作用するのが葉酸で、葉酸が不足すると、細胞分裂をしたときにDNAがミスコピーされてしまうことがあるのです。

 

赤ちゃんは、お腹の中で盛んに細胞分裂を繰り返して、人間の体を形成していき、これは、妊娠初期が一番活発なのですが、もちろん、妊娠中期になっても後期になっても細胞分裂は繰り返されます。その時に葉酸が不足していると、ミスコピーのまま細胞分裂が行われてしまい、体の形成に不具合が出てしまうというリスクがあるのです。

 

また、葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ビタミンは人間の生命維持活動に欠かせない酵素の働きをサポートする、補酵素としての役割を持っています。

 

酵素がないと、代謝機能も消化吸収の機能も低下してしまうのですが、もちろん補酵素がないと働きません。ですから、健康な体を維持するためにも、基本的に葉酸は絶対に必要なものなので、貧血の有無に関わらず葉酸を摂取する必要があるのです。