妊娠時の貧血

お母さんの貧血はお腹の胎児にも悪影響

女性は、毎月、生理などもあるため、男性よりも貧血を起こしやすいので、貧血に慣れてしまっている方もいるかもしれません。

 

確かに、貧血はすぐに命に関わるというものではないので、慣れてしまうと軽視してしまうこともありますが、妊婦さんの場合は、貧血がお腹の胎児に影響を与えてしまうことがあるのです。

 

と言っても、妊婦さんの栄養は、優先的に赤ちゃんへと送られるので、多少の貧血で胎児が育たなかったり、深刻な栄養不足になるということはありませんが、直接的な影響はないにしても、母体が貧血になると、お母さんが体調を崩してしまいます。

 

貧血は、だるさや疲れ、冷え性などが起こり、気分的にも落ち込んでしまうこともあるでしょう。また、妊娠中は、出来るだけ穏やかに、明るい気持ちで過ごすことが大切と言われているのに、貧血によって気分がブルーになってしまうと、自身の精神状態や赤ちゃんの発育にまで影響を与えてしまうのです。

 

それに、貧血が重症化してしまうと、胎児に栄養を運ぶための血液が不足してしまいます。

 

母体の血液が極端に不足してしまったら、胎児へ栄養や酸素を十分に届けられなくなり、成長に影響を及ぼしてしまいます。また、貧血を起こすと、めまいや立ちくらみが起きて、転んだりお腹をぶつけてしまう可能性も出てくるなど、二次的な影響を与えてしまうことがあるので、例え軽度であっても貧血は無視出来ないのです。

 

貧血は、鉄分不足でも起こりますが、妊婦の場合は葉酸不足によって起こることが多いと言われています。

 

以上のことからも、健やかな状態で胎児を成長させるために、サプリメントを上手に利用して葉酸を積極的に摂取するようにしましょう。